2017/01/04

2017年・あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

トムギャルソンは本日より営業を開始させて頂きます。

最近よくお世話になっておりますJAFさんより届きました「ジャフメイト」

何故ペンギン??と思ってましたが・・・
酉年。と言う事ですね。

「飛べない。でも、泳げる!」

ペンギンが言うと説得力が有ります。

トムギャルソンの力不足で出来ない事がたくさんあります。でも、出来る事もたくさんあります。

本年、少しでもお客様のお役に立てますよう、スタッフ一同精進して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ワインショップ・トムギャルソン
スタッフ一同


2016/12/30

2016年もありがとうございました




いつもお世話になります。

本日をもちまして年内の営業を終了させていただきました。

格別なご贔屓を賜りまして誠にありがとうございました。

新年も良きワインをご案内出来ますよう、誠心誠意努力させて頂きたいと思います。

変わらぬご贔屓のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様、どうぞ良い新年をお迎えくださいませ。


*新年は4日より営業させて頂きます。

ワインショップ・トムギャルソン

スタッフ一同


2016/10/26

6本箱


皆さん、こんばんは。
冨尾です。
夜はすっかり寒くなりましたね。
年末が近づき、シャンパンの出荷が増えてきました。
さて、そのシャンパンの箱ですが。
2枚の写真はぱっと見、
シャンパンの箱が「1ケース」
シャンパンの箱が「2ケース」
に見えます。
実際そうなのですが、写っている箱の中のシャンパン総数はどちらも12本です。
「1ケース」写りの方は12本入り
「2ケース」写りの方は6本入り(が2段)
なんです。
シャンパンと言えば12本入りが日本では主流な感じがあったのですが、シャンパーニュで蔵元さんを訪問しますと、セラーの中に見慣れぬ6本箱をよく見かけました。
そしてここ数年、日本でもちらほら6本箱が増えてきたな~と感じ始めた頃、当店定番シャンパンの一つ「ドラピエ」も遂に6本箱で届きました。
何故だか嬉しかったです。
重量は同じなのですが、私的には6本入り2段の方が、1ケース12本入りの物より、持った時に軽く感じるのです。
重量のバランスでそう感じるのでしょうか??

2016/10/07

秋になりましたね。

皆さまこんばんは。
久しぶりにキター━(゚∀゚)━! 大阪降水確率0%♪
雨は無いと困るけど長すぎでしょ。ようやく秋らしい青 空で過ごしやすい気候になりました。
すっかり忘れていた、季節物も入った野菜 セットが自宅に届き、どう調理したもんかと途方に暮れている小西です(料理苦手)。

フェイスブック上でも、秋の味覚の数々が 流れてとても美味しそう。
栗にサンマにキノコ…etcetc。
栗は剥くのが大変だ。サンマは焼くのが大 変だ(?)ということで、
私の秋の味覚 といえば一番はキノコだったりします。

年中出回っているものも多いですが、この 季節は普段購入しない、少し贅沢なキノコ を購入して、炊き込みご飯か、炒めるか 鍋…と簡単に美味しく楽しんでいます。

もちろん秋にしっとり合うワインが飲みた いなー。ということで秋向けのワインを。
待ってましたとばかりにバッチリなワイン が入荷してきました。



シャトー・ランクロ・レゼルヴ 2009

ボルドーの外れ、ボルドーの東端サント・ フォワ・ボルドー生まれ。それもボルドー のクラシックな味わいのグレートヴィン テージ2009年!

サント・フォワ・ボルドーは、掘り出し物 的ワインがよく発掘できるベルジュラック 近くの側。 私、ベルジュラック好きなんです。これば 良い予感がします。

テイスティングするタイミングが合わず、 抜栓後、約15時間後に味たのですが、 おっ!元気。

果実味も深く残っていて、枯れたような酸 は出ておらず、エッジが少し熟成感を感じ させます。口に含むと複雑さとタンニンが しっかりと感じられました。まわりを果実感が覆ってる感じで口当たりも優しくバ ランスもまだ取れています。

じんわりと深みがあり、柔らかい余韻。何 だか郷愁すらを感じさせる美味しさでし た。
これが、とてもお手頃なんです。2009年恐 るべし…。
この完成度の高さなら、もう1,000円位高 くても良いんじゃない?という質の高さ。

秋の味覚に、1本常備しておきたいワイン に出会いました。 明日は赤身のお肉でも焼こうかしら…。

シャトー ランクロ レゼルヴ 2009
参考上代¥1,800-(税別)

2016/10/03

ワインと音楽と。

皆さまこんばんは。
台風一過って…快晴じゃなかったの?
どんより曇り空に気持ちが晴れない小西です。

でも一気に過ごしやすい空気で秋の気配。
食欲の秋(ワインもね)、スポーツの秋…芸術の秋。また楽しみが待ってますね。

というわけで芸術の秋を先取り(笑)し、先日ピアノのJAZZライブへ。あまり縁が無いジャンルなのですが、お酒を少し頂きつつ楽しませて頂きました。



写真にも端っこに写っていますが、演者さんはワインを少し傾けながら。
新しく出されたCDにも、こんなタイトルの曲がありました。

『Just a Little Wine』

ジャズヴォーカルの入った、重すぎずじんわり聴ける曲でした。
この曲に合うワインは何かな…と考えてしまうのは職業柄でしょうか。
色々と思いつきましたが、まだ試せてはいないので、秋の夜長にCDを聴きつつ楽しみたいと思います。

音楽(曲)にワインを合わせる会とかもやりたいな、と思ったり。
実現した際には、是非皆さまのご参加お待ちしております♪

2016/09/18

汁マヨってご存知ですか??

皆さん、こんばんは。
冨尾です。
先日、スタッフと近所の居酒屋さんでおでんを頂きました。
おでんと言えば高校時代の帰り道。
友達とよく寄り道をしていたお店がありました。
そのお店の名物は「しるまよ」
それは、たこ焼きにマヨネーズを掛けて、その上におでんの汁を注ぐと言うものでした。
「汁マヨ」です。
高校生の私には「汁マヨ」がやたらと美味しくて、お箸でむさぼるように食べていました。
今、思い出してみるとお小遣いが足らなかったのか「汁マヨ」は食べても、おでんを食べた記憶があまり無かった事に気づきました・・・
今夜はたくさん頂きました。
合わせたワインは南フランスのシャルドネ100%で造られる、
「ピエール・ルス・マルティンゲール」
レモン・グレープフルーツ等の柑橘系の酸味が心地良いワイン。
おでんとの相性抜群でした!!
大根に厚揚げ、そしてじゃがいも。
私のおでんはいつもこの3種です(#^.^#)

2016/09/09

山を通じてワインに親しむ/ワインを通じて山に親しむ。

皆様こんばんは。

友人がスポーツの秋に向けて、ラジオ体操をしたところ筋肉痛になったと聞き、せせら笑っていたら30分足らずの上り坂で翌日筋肉痛…。せめて翌日に筋肉痛になってよかった…と安堵している小西です。

先日のお休みの日。
山とワインを楽しむイベントが某所登山口で行われ、お邪魔させて頂きました♪

駅から山の入り口に着くまでが、まず運動不足の体には堪えました><。ぼやぼやしていると、慣れた感じの山ガール、山お母さん達が、横からひょいひょいと通り過ぎていきます(汗)。

迷子になりつつも会場に到着。
山の中は心地よい涼しさで近くに滝もあり、お料理をつまみつつ“山に合う”ワインも一緒に頂き癒しのひとときを過ごしました(´∀`*)。

山登りにも興味が湧きましたし、下山される方々興味深そうにこちらをご覧になっていました。

山頂でいつかワイン、飲んでみたいです。


新しい世界に触れれる楽しい機会でした。








またこちらでもワインを通じての色々なイベント、ご紹介させて頂きますね♪

…と思ったらそうです!

明日9/10(土)はドイツのスパークリング『ゼクト』にドップリ浸れる気軽なイベント、

「JACK THE SEKT in BORRACHO」
が、北新地ワイン酒場 ボラーチョ様で開催されるではないですか!

天気も良さそうですので、昼下がりから気楽に1杯。
ゼクトの魅力を楽しみにお立ち寄り下さい。
6種類もグラスでご用意されてるそうですよー♪


詳しくはコチラ。

https://www.facebook.com/tomgarson.wine/photos/a.464596350288577.1073741828.436347959780083/1082349371846602/?type=3&theater

「JACK THE SEKT in BORRACHO」
開催場所 ワイン酒場 ボラーチョ
開催日時 9月10日(土曜) 15時~22時 
     (ラストオーダー 21時半)
ご予約不要です。随時ご来場ください

会費   当日グラス、お皿ごとにお支払いください。
     グラスゼクト 700円~ アラカルト 500円~